自作茶善戦?



 

梅が島茶の味比べをしてみた(ヤマのザイライで遊んでみるでつくった例のブツですな)。お相手に選んだのは、あろうことか東●美●!Mさんの春のティーシェアリングで入手したもの。

結果やいかに? 結論はもちろん。そりゃそうだと納得。でもひいき目には善戦したかなと。甘い香りの強さでは、自作2(写真中央)が目立っていたんだけど、燻香も強い。長めに焙じた左の自作1は細いかな、という印象。ちらっとシブ味も気になった。そこいくと製品はさすがに香り高かった。写真を見ると薄い色目ですが、熱湯手前で90秒ほどでこの感じ。葉底をみるとやはりというか、いかんせんというか。施肥の薄い夏山、梅が島ザイライは線が細い、製品はむちっと。ここらへんでも差が生まれると思った。おもしろかった!

ちなみに、自作1、2共に、静岡梅が島有機栽培ザイライ2番茶機械刈を釜で手炒り。ビニール袋で封して6時間後に手もみ。自作1は、オーブントースターで110℃設定で30分乾燥。自作2は、中華鍋で様子見ながら極弱火で加減して乾燥。ちょっと焦がし気味のもの。

今回の方式を次回も続行してみることにする。もう少しチミツにね。3茶もやりますか?

●関連記事:

打開一片天。地震が生んだ台湾の有機茶
八列とうきび
Posted on 木曜日, 8月 2nd, 2012 at 11:41 PM

…… , , , ,

 

Leave a Reply



Facebook Twitter Twitter