青春の各駅停車(帰りの1)

026

九州釜炒り茶の旅。帰りのすろーな各駅停車の旅は博多を5月5日午後2時過ぎにスタート。これまで福岡にはヒコーキでしか来たことがなかった。1度だけ、博多から神戸まで(仕方なく)新幹線を利用したことがあったが、その時の印象は「トンネルばっか!」ということで、この博多~関西間の沿線風景は、ほとんど見たことがなかった。

◆博多から門司港行きにのったw 博多東京、新幹線だと24000円、夜行バスのいいやつ19000円、鈍行13000円。ただし鈍行は今日中には到着しません。( ´ ▽ ` )ノ→小倉に着いたった~い。九州お別れ。本州に渡りますのだ( ; ; )→あっけなかった関門越え。九州と本州はトンネルで、つながってました。西日さす下関駅のホームはさいはてな感じ…あれれ混んできたぞ、で、新山口に向けて出発?→午睡。昨日までの疲れか、列車の心地よい振動に誘われてうとうと。見渡すと各駅停車のお客さん、ほとんどがお昼寝ちゅう~博多駅の喧騒にいたのがうそのよう。瀬戸内を眺めながら走っていますw →車窓の景色は水を張った田んぼや野山。暖かな日差しのせいか、僕のこの空間は、神様に守られているみたいに、時間がゆったり流れています。

@carmen__maki: やっと晴れた!しかも今夜は満月になる。きっと天が私達に味方してくれたんだと感謝して今夜のライブに臨もう。横浜野毛「Dolphy」で逢いましょう!
@gandhi_tamashii: もしわたしたちが「いらない」と声をあげていたら、もっと正しい道を歩めただろう。(『ガンディー 魂の言葉』)


◆徳山を過ぎる。本州にのっかってから最初の大きな街という印象。港ぎわを走る路線の車窓は化学工業系の建造物が続きます。→こちらは日が長い。まだ明るい。車内は岩国からのお客さんで満員。アメリカ人たちの立ち話がうるさーい。あとちょっとで広島(^^)→広島から糸崎行きに。そこから岡山へ。宿探さなきゃ。満里奈のたわわ台湾、楽しい。→福山通過。あれれ、今乗ってる電車はレールの継ぎ目がないな、博多からここまでのうちで揺れも少ない。広島以東は都会だな…

……そんなこんなで岡山駅についたのが夜の10時半ごろ。便利なiphoneで予約メールから住所プッシュして地図に場所をプロット、歩いて約10分のホテルにとうちゃくでばたんきゅう~

下関から岡山、そのまん中へんにある広島は大都会に見えた。駅も、待ち時間にうろうろしたが、博多や東京大阪と変わらない喧噪があった。自分が感じたのは広島より西、下関から新山口、柳井あたりまでが心落ち着くうとうと列車だったのだけど、地図で確かめるとなるほど、そのあたりは周防灘沿岸で、どちらかというと九州四国に近いアリアだったのでした。そこを過ぎると、地政上は瀬戸内文化圏といってよくなる。

よかったなぁ、うとうとエリア!これはボクの目的地行き、各駅停車のローカル列車なんだからね……
……This is the local train bound for my destination stopping at all stations.


●関連記事:

中華街の伍福寿新店
耶悉茗茶って?
Posted on 水曜日, 5月 9th, 2012 at 9:22 PM

…… , , , , , , , , ,

 

Leave a Reply



Facebook Twitter Twitter