こぼれ種のパクチー

DSC_0490

春が過ぎて、我が家のネコビタ市民農園ぼちぼちとやっています。
今年は連れ合い、どうせ量とれないんだから、無肥料でつくろうとの提案。
そこで肥料を入れず、わんさか生えてた雑草を刈り取ったのを畝間にすきこんで、
実際に種をまくところは不耕起で整えた。

今そこには好き勝手にとうこ.もろこしやなす、トマト、ピーマン、いんげん、えだまめ、
などが生え始めているのだが、そうではなく勝手に生えてきているのもいる。

どんどんと版図拡大中なのがミントで、これはホント売るほど採れるようになった。
そしてこの写真のパクチーだ。まだ夏の始まりというのに紅葉。
しかもこのパクチー、いわゆる生殖生長に移行しているからか葉っぱが細いやつになっている。
花も咲いて、何か季節はずれ、秋が来たみたいだ。

おそらくはこぼれ種ゆえ、発芽適期にぴったりと発芽して、
今年の変調著しい寒暖で体内時計が狂ったということもあるのだろう、
すでに花が落ちた房にはタネも結び始めているから、タネも取れそう、
でも時期が悪いな、乾燥しないかもしれない。やはり狂い咲きは不利ということでしょうか?

畑にはこのほかにひょうたん!
まだお見せできるような状況ではありませんが、いずれ!

DSC_0491

●関連記事:

ヤマのザイライで遊んでみる
急須のご縁
Posted on 水曜日, 5月 28th, 2014 at 12:10 AM

…… , ,

 

Leave a Reply



Facebook Twitter Twitter