雑穀健康クッキング2012・実践編 第2回もちきび



 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の皆さんでつくる雑穀実践編講座の2012年第2回はもちきび。

もちきび入れたもちもち生地にいろいろな具を包みました。
一番手前は干しいちじく。
ドライフルーツは低温でスチームすると、ふんわりもどってやわらかくおいしくなります。
そのまままるごとドーナツに入れてみました。
他にかぼちゃ、バナナなどなど。

特に小さいこどもにとっては「おやつ」は食事の一部ですから、
甘いお菓子もいいですが、こういう「みかけお菓子だけど実はごはん」という
スイーツがおすすめです。

実践もちきび2

もちきびの柳川鍋風

ゴボウをどじょうに、もちきびを卵にみたてた柳川鍋風
超地味ですが、滋味あふれる一品です(座布団とられた?)。
ごはんにのっけて食べてもおいしいです。

実践もちきび3

きゅうりの醤油麹あえ

作ってみました醤油麹。
もろみみたいなもので、自分的にはあまり珍しい感じはしなかったですが、
醤油と麹の配合によって、糀がおおければおかずみそ、糀が少なければ調味料、
というふうにいろいろバリエーションで楽しめそうです。

実践もちきび4

鍋炊き玄米ごはん

玄米は圧力鍋で炊く、あるいは炊飯器の玄米モードで炊く、と思っている方も多いのですが、
写真はフィスラーのステンレス多層鍋で炊いた玄米。
ちゃんとカニの穴ができてます!

圧がかからない分、もちもち感が減ってややサラサラとした炊き上がりに。
夏は圧のかかったもちもち陽性玄米は重く感じますし、
カレーなどにはサラサラ玄米の方がよく合います。
厚手の鍋ならなんでもOK。土鍋の場合は蒸気穴を箸などでふさいで炊きます。

玄米3カップ+水4カップ弱+塩小さじ1/3
水から火にかけて沸騰したら弱火で45~50分炊くだけです。

次回講座は
6月10日(日)雑穀健康クッキング・基礎編2012第3回もちあわ
あわ塩麹クリームグラタン・餃子の皮のあわピザ・あわの春巻・あわ&野菜塩麹煮・ミニドーナツ
…ということで、塩糀も活躍します。

塩糀も次回講座開催決定!また違うメニューが登場しますよ~
7月5日(木)夏バテ防止に!進化する塩麹&甘酒講座
話題の塩麹&甘酒の作り方/毎日使える料理術:冷たい夏野菜塩麹スープ/3分でできる塩麹おつまみ/塩麹で沖縄料理/塩麹であっさり肉・魚/甘酒と夏フルーツのドリンク/甘酒チャイニーズアイス/甘酒のショートブレッド他(予定)

→くわしくはコチラヘ

●関連記事:

雑穀健康クッキング・基礎編 第4回たかきび
伊豆の夏休み~イワシを釣ってアンチョビを作る
Posted on 水曜日, 5月 16th, 2012 at 10:45 AM

…… , , , , , , ,

 

Leave a Reply



Facebook Twitter Twitter