進化する塩糀&甘酒講座~発酵食品を毎日の食卓に

らでぃっしゅぼーやスタジオ@青葉台で2011年1月に始まった塩糀&甘酒講座、
今回で5回目を迎えました。
7月の開催は初めて、ということで、夏バテ防止&火をほとんど使わない料理特集です。


「夏野菜の塩糀ガスパチョ」
トマト、ピーマン、パプリカ、きゅうり、玉ねぎ…といった野菜を切って塩糀を和え、
冷蔵庫で一晩寝かせてからミキサーにかけます。
オリーブオイル、香辛料で調味して冷たく冷やせば、
うーん、今日のような暑い日には五臓六腑にしみわたる味に!
塩でも作れるのですが、ダシの入らないスープだけに塩糀のうまみが感じられます。



「トマトとアボカドのわさび塩糀あえ」
その名前の通り、材料は4つだけ。
ワインのおつまみに最適です。
贅沢に作るなら、エビなど加えてもおいしいですよ!



「塩糀ナムル風サラダ」
もやしで作るベーシックな塩糀ナムルを、
さっぱりサラダにアレンジ。
香菜とレモンをたっぷり加えてタイ風に。



「ゴーヤと厚揚げの塩糀チャンプルー」
ゴーヤチャンプルーの肉卵ぬき…とも言いますが、
厚揚げを一晩塩糀に漬け込んでいるのがミソ。
とろっと崩れる食感とうまみで、これだけで充分おいしいのです。
漬け込んだ厚揚げは、そのまま焼いて生姜などかけてももちろんおいしい!



「豆腐の辛塩糀漬け」
豆腐の塩糀漬け、はもう定番メニューですが、
漬け込む塩糀にかんずりを加えてちょっとピリ辛の豆腐漬けに。
色の感じもちょっと沖縄の豆腐ヨウみたいですね。
2~3日でおいしいですが、1週間くらいおくと本当にクリームチーズのようになります。
お酒がほしいー



「塩糀でカルパッチョ」
刺身のサクに塩糀をまぶして少しおくことで、
臭みが消えて下味のしっかりついた、それでいてとろっと溶けるカルパッチョになります。
今日はひそかに「50℃洗い」で下ごしらえしたので、
鰹の臭みもとれていたと思います。
鯛やホタテ、サーモンなどがおいしいです。



「甘酒と桃のスムージー」
もうおなじみになった甘酒とフルーツのスムージーですが、
今日は桃で!やっぱり最高に贅沢でおいしいですね。
桃1個で5人分くらいのスムージーができちゃいます。


「甘酒ナッツバー」
甘酒と塩糀で旨みを出した、卵もバターも使わないナッツバー。
甘酒は焼くとチーズ風味になるのが不思議。
ビールのおつまみにもおすすめ!


「甘酒ココナッツアイス」
ココナツミルク、甘酒などで作るノンシュガーのアイスクリーム。
ココナッツが入ると急に夏らしくなりますね。
五香粉でちょっと風味を出しています。



右上から時計まわりに
玄米塩糀
醤油糀
糀の20%塩分で作った塩糀
糀の30%塩分で作った塩糀

塩糀のベーシックな作り方は失敗の少ない30%の塩分ですが、
好みで20%で作ってもいいと思います。
ただそれ以下になるとちょっと日持ちも悪くなり、
慣れないと失敗することがあります。

醤油糀は塩糀より甘いので好きな方が多いですね。
リクエストもありましたので次回は醤油糀講座…できるといいな。
またお知らせいたします。

 

●関連記事:

柚べし
今年の梅仕事②土用干し
Posted on 水曜日, 7月 11th, 2012 at 11:57 PM

…… , , , , ,

 

Leave a Reply



Facebook Twitter Twitter