早春の畑にて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

春節の前日の今日、家族は通っていたようだけど、僕自身は1ヶ月ぶりの畑に。
吹きっ晒しに紐で縛りつけた白菜取り残し、しっかり生き残っていて小さな喜びだったし、白菜のひこばえって言うんだろうか、切り株あとから2度生えしてる白菜はターサイみたく扁平に開帳して微笑ましい。ブロッコリーは春開こうとするつぼみを食するもんだとばかり、日差しをうけてやわらかに緩み、いじけるように地を這っていたコマツナ、ほうれん草も枯れ色から抜け出してもえておりました。やはり春は来るんだなぁというのは素朴な感想。いいもんでした。冬から春にかけての土の感じも好き。地面は霜柱が凍っては溶けを繰り返したのが手に取るようにわかるボコボコ、フンコロガシが耕してくれたみたい、それはふくよかな表情だったのです(写真忘れた)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAほったらかしの地面を埋めていたホトケノザ。春ですねー
P2091849ちっちゃいコマツナたちもおいしそうでしたぞ

ほうれん草は、植えた当初phが合わずにぜんぜん生え出してくれなかった。それが育って。きっと雪が土を浄化してくれたのだ。右の白菜たちは2度の積雪をホントよく耐えた!この日の晩ごはん、ピェンローでおいしくいただきました。あすは新月、春節のお祭り、お正月、一年の始まりです。白菜みたくがんばろう(^-^)

●関連記事:

新生姜で5品
三十日大根
Posted on 土曜日, 2月 9th, 2013 at 10:38 PM

…… , , , , ,

 

Leave a Reply



Facebook Twitter Twitter